涼しくなってまいりました、明日から秋のお彼岸となります。

「彼岸」とは「此岸(私たちの住んでいる世界)」の反対の言葉で

煩悩や迷いから解放された仏さまの世界を言います。

昼夜の長さが等しくなる春分の日と秋分の日、その前後3日を

合わせた7日間はこの此岸と彼岸の距離が短くなり、仏さまへの

供養を行うのに適しているとされています。

お盆が仏さまの世界から帰ってくるご先祖さまをお迎えするのに対し

お彼岸は私たちの方が仏さまの世界へと心を寄せる時期だと言えます。

ご先祖さまへの供養は毎日でも行った方が良いですが、なかなか

忙しくて難しいという方も多いと思います。

せめて気候が落ち着くお彼岸の時期にはなるべくお墓にもお参りし

ご先祖さまに心を寄せてご供養いたしましょう。

jizou