2015-02-03

節分 厄除け星祭り

節分の本日は星祭り 厄除け祈祷を行いました。

本来の節分とは季節の変わり目を表す言葉ですが

特に立春の前日である2月3日の節分は、季節が

冬から春に、陰から陽にと変わる節目となります。

この日は次の1年を清々しく迎えるため豆まき等

様々な厄払いを行われますが、真言宗では人間が

生まれ持った星を供養する星祭りを行います。

2015setubun

毎月28日の護摩では不動明王さまを本尊として

お奉りしますが、本日の星祭りでは宇宙に広がる

星々を描いた星曼荼羅を奉り皆さまの除災招福を

お祈りました。

お札を身代わりとした厄除をお申し込みの方には

後日ご祈祷済みの祈願札を郵送いたします。

追記

ご祈祷の法螺貝の音色です、この音にも厄払いの

意味があります。

関連記事

コメント1件

  • 森田裕美 より:

    本日の節分 厄除け星祭りのご祈祷、お世話になりありがとうございました。本当にご住職様の法螺貝、ご祈祷は素晴らしいですね。
    この素晴らしいご祈祷にご縁を戴き、私共も本当に有り難く感謝致しております。
    こうして、伺えない私達にもネットで様子を拝見出来る事も本当に有難い限りです。m(_ _)m
    今朝、朝一でお供物等お送りさせて戴きましたので何卒よろしくお願いいたします。

    今後とも何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください