2015-08-12

8月の震災月命日供養

東日本大震災より4年5カ月の月命日となる8月11日、

石巻市南境の石巻霊園内にて月命日供養が行われました。

この霊園の管理事務所には震災犠牲者供養の祭壇があり、

例年8月の月命日には必ずお勤めさせて頂いています。

aug-tukimeinichi1

事務所の隣にはコンテナがあり、身元不明で引き取り手のない

震災で犠牲となった方々の遺骨が未だ多く保管されています。

お盆なのに誰にも供養されず、家族の迎えを待ち続けている

遺骨を前にすると、拝んでほしいと語りかけてくるようでした。

aug-tukimeinichi2

お盆の時期なのでご先祖さまを供養する方も多いと思いますが

自分の生命のルーツである先祖を拝むのは当たり前のことです。

悲しくも無縁仏となった縁もゆかりもない他者の霊のためにも

冥福を祈り、供養をすることがお盆の本質です。

aug-tukimeinichi3

震災の犠牲者だけでなく、世の中には災害や事故等で亡くなり

供養されない霊が数多く存在します。

今年は終戦から70年、自分を支えている多くの生命・犠牲に

思いを巡らし、追悼する事が自分の先祖への追善の供養となり、

その功徳は自身に還ってくるのだとお話しいたしました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください