2015-05-11

5月の震災月命日供養

東日本大震災より4年2ヶ月を迎える本日

宮城県七ヶ浜町の町営墓地「蓮沼苑」内に

建立された慰霊碑前にて震災犠牲者供養の

月命日供養が行われました。

May-tukimeinichi1

慰霊碑の周囲は広大で緑にあふれており

行楽に来たかのように心安らぎました。

特徴的な形の慰霊碑前にて読経しました。

May-tukimeinichi2

こちらの記事に詳しく書いてありましたが

この慰霊碑は蓮の花と手を合わせて祈る形

種からの命の出芽を表しているそうです。

May-tukimeinichi3

震災の記憶や教訓をいかに後世に伝えるか

それは祈り続ける事が重要だと思います。

この慰霊碑はそれを表していると思いました。

May-tukimeinichi4

午後2時46分からは築山の釜観音前にて

毎月恒例の震災慰霊法要を行いました。

遠くからも祈りを寄せてくださる方のため

塔婆を浄書し供養しております。

May-tukimeinichi5

供養を終えた塔婆は大宝院の子育て地蔵に

納めております。

最近は近所の子どもたちが毎日立ち寄って

手を合わせて拝んでくれています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください