2015-03-13

東日本大震災慰霊法要のご報告

東日本大震災より4年の祥月命日となる3月11日

大宝院では各地より僧侶を招き、震災犠牲者への

追悼の祈りを行いました。

ganbaruzo

当日は早朝より、石巻市内の真言宗僧侶らとともに

大街道地区の慰霊碑前にて供養を行いました。

雪混じりの風が吹く中での読経、亡くなられた方は

もっと寒い思いをされたのだと痛感しつつ

お勤めいたしました。

 

goma2

その後、大宝院にて復興祈願の護摩を行いました。

護摩の様子は復興祈願 護摩祈祷をご覧ください。

当日お越しになれずとも、震災からの復興を祈る

方の身代わりとして護摩札を奉りご祈祷しました。

kamakannon

午後2時からの慰霊法要に先立ち、法要会場の隣の

釜観音に読経しました。

毎月11日にこの観音様を拝むと決めておりますが、

法要では会館の中から本尊として拝む形にしました。

 

goeika2

午後2時より開場し、四国霊場六十九番観音寺住職

羽原師による御詠歌の奉讃が行われました。

羽原住職もまた震災後ボランティア活動で汗を流し

沿岸部で供養の御詠歌をお唱えしておりました。

houyou5

大宝院からの呼びかけに応え、宗派を問わず結集した

僧侶たちと共に法要を行いました。

houyou8

多くの方々にご参列、ご焼香をしていただく事が

できました。

法要の様子はこちらをご覧ください。

最近震災の風化や復興の遅れを嘆く声が聞かれます、

しかし人々が集い、犠牲者の菩提を祈ることは風化の

防止であり、復興する上でも欠かせない事であると

私は考えます。

今後も11日に供養を続けていく所存でございます。

皆さま今後ともよろしくお願い申し上げます、合掌。

 

追記

慰霊法要の様子が中外日報に掲載されました。

20150316cyugai

当日の様子はこちらでご視聴いただけます。

他の当日の写真はこちらです。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください