2015-06-11

6月の震災月命日供養

東日本大震災より4年3カ月となる本日

宮城県南三陸町の防災対策庁舎跡地にて

県内の真言僧侶らによる震災犠牲者への

月命日供養が行われました。

jun-tukimeinichi1

過去に何度も来ていますが造成工事で

周囲の地形がみるみる変わっています。

またこの場所も大川小学校と同じく

震災遺構としての保存の是非で揺れて

特別な場所となってしまいました。

町議会が請願審査先送り(河北新報)

元のままの形で遺す事が正しいのか

そもそも遺すことができるのか

つらつらと思いながら読経しました。

jun-tukimeinichi3

午後2時46分には石巻市釜観音前にて

恒例の震災慰霊法要を行いました。

本日は直前に東北放送より取材が来て

夕方のニュースで様子が放送されました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください