12月9日の石巻かほくにコラム「石巻への移住」が掲載されました。

勤めていた本山を退職し、震災から間も無い石巻に移住すると決めた時は

周囲の多くの人に驚かれ、心配された事を思い出しました。

平成27年12月9日石巻かほくコラムつつじ野2

石巻に来て最初の取り組みは、まず護摩を焚けるようにする事でした。

被災した民家をもとに、残ったヘドロを掃除して少しづつ荘厳を整え、

実家から勧請した不動尊をお奉りしました。

最初の護摩

そしてコラム中にあるように、毎月11日の午後2時46分には

馬子山山上にて東日本大震災の月命日供養を行いました。

雨の日も雪の日も、必ず定時に勤めてこれたのは奇跡のような話です。

umakoyama

この頃の話は石ノ森萬画館の発行する情報誌マンガッタンVol2に掲載されています。

オンラインショップ「墨汁一滴」にて購入できます、どうぞご笑覧ください。

マンガッタン表紙

マンガッタン表